MENU
誰からも頼られるような商品企画のスペシャリストに
商品企画部

泉 拓真TAKUMA IZUMI

2018年入社

INTERVIEW

説得力のある商品が揃っている

ULってどんな会社ですか?
真っ先に思うのが「コスパの高い商品」を取り揃えている会社です。
自分が商品企画に携わっていることもありますが、自信を持って人に紹介できる製品が揃っています。
「スペック」と「価格」のバランスが取れた、説得力のある製品が揃っており、いつもお客様のことを第一に考えた企画を心がけています。
また、この先数年で大きく成長する会社だと肌で感じており、より多くの方に知っていただきたい会社のひとつだと思っています。
ULの好きなところは?
それぞれが「責任のある仕事を任せてもらえるところ」にやりがいを感じています。
また、年齢は関係なく、頑張った分だけ評価してもらえるのも魅力的です。
業務外では、社内のクラブ活動が活発です。私は野球部に所属していますが、終業後に近くの野球場で練習や試合をおこなっています。
楽しいのはもちろんですが、普段一緒に仕事をしないスタッフと交流することで、仕事上でスムーズに連携が取れるきっかけにもなっています。
所属部署の特徴を教えてください。
基本的には1つの商品を1人で担当するので、業務中は自身のタスクに集中していることが多いです。
特定の人に業務が集中してしまった場合は、お互いに助け合いながら、状況に応じた適材適所で業務に取り組んでいます。
もちろん、気になることや分からないことがあれば周りに聞ける環境ではありますが、各人の集中力が高まり、引き締まった雰囲気がある場面もあり、業務に集中しやすい環境だと思います。
担当している業務を教えてください。
商品企画部の業務内容は、主にGronG(グロング)のトレーニング用品・サプリメントの製品企画です。消費者ニーズや市場の分析をおこない、とりまとめた内容を商品設計に反映し、サプライヤー選定から交渉、輸入業務までを担当しています。
また、マーケティング部や販売部、デザイン部、物流部門などの多くの部署と連携を取りながら仕事をしています。
それぞれが、1人で数十種類以上の企画案件を同時進行させながら、コンセプト設計から管理まで多岐に渡る業務をおこなっています。
これから挑戦したいことや夢を教えてください。
グローバルで活躍できる「企画の専門家」になることが目標です。
新規・既存を問わずに、海外企業との関係性をもっと深めるアプローチができるのではないかと思っています。
現状課題を明確にし、ひとつずつ解決していくことで、よりスムーズに、より品質を高めた製品を作り続けていきたいです。
今後、各国の距離が一層縮まっていくであろう世界市場の中で、さらに活躍ができるよう、語学力のスキルアップにも努めます。Ultimate Lifeと共に成長し、誰からも頼られるような、商品企画のスペシャリストになりたいと考えています。

情熱を持って仕事に取り組める方と
切磋琢磨したい

応募を検討されている方にひとこと
本人次第ですごく「やりがい」を見つけられる職場だと思います。
私自身が、転職してUltimate Lifeに入社したので実感していますが、個人にゆだねられる範囲が広く、日々、新しいことにチャレンジできる環境です。入社時点では、専門的で深い知識は必要としませんが、業務が多岐に渡るので、入社後の知識獲得は必須です。
また、商品企画の特性上、企画段階からすぐには結果が出ず、大変に感じるシーンもありますが、会社の成長に直結する商品作りをおこなえることは非常に楽しく、とてもやりがいを感じています。
日々、情熱を持って仕事に取り組める方と、切磋琢磨しながら一緒に働きたいです。

商品企画部の求人に応募する

エントリー

企画宣伝の「人を知る」

商品企画部の
仕事を知る

詳しく見る
「人を知る」に戻る