MENU
ちょっとした喜びを少しでも多く感じてもらえるように
映像事業部

竹村 裕司YUJI TAKEMURA

2016年入社

INTERVIEW

「成長」に対してストイック

ULってどんな会社ですか?
「成長」に対してストイックな会社だと思います。様々な事業を展開していますが、常にトライ&エラーを繰り返し、どの事業も急速に伸びているなと感じます。
また新しいサービスやツールなどをどんどん取り入れ、事業に最適な形で導入するなど、常に変化や成長に前向きな会社です。
会社の成長スピードに遅れを取らぬよう、自分自身も常に成長の意識を持って業務に取り組んでいます。
ULの好きなところは?
人が良く、温かみがあるところが好きです。
一般企業には珍しい、手作りのまかないがあったり、社外でも様々な部活動を楽しんでいます。仕事中も、意見を発信しやすく、より良いものを作ろうと思わせてくれる環境が魅力的です。
所属部署の特徴を教えてください。
基本的には編集作業がメインのため、ひたすらPCに向き合っていますが、撮影や打ち合わせでは、みんなで意見を出し合いながら、よりクオリティが高い仕上がりになるよう、意識して議論しています。
年齢層が若く、休憩時間でも新しいスキルや情報を共有し合うこともあり、「映像の仕事が好きな人」が集まっていると感じます。
担当している業務を教えてください。
コンテンツ制作・運用や、商品・モデル撮影がメインの業務です。
コンテンツ制作では、キーワードを選定し、どのような内容や見せ方がお客様に伝わりやすいかを意識しています。
また、撮影については、他部署の方々と製品やサービスをどのようにブランディングしていくかを議論してから、業務を進めるようにしています。
これから挑戦したいことや夢を教えてください。
自分が作ったサービスやコンテンツで「ちょっとした喜び」を感じてくれる人が少しでも多く増えるように成長していきたいです。
また仕事だけではなく、私生活も大事にし続けていきたいと考えています。

「映像が好き」という方と
一緒に働きたい

応募を検討されている方にひとこと
「映像が好き」という方と一緒に働きたいなと思います。
好きなことが仕事であれば、自主的に会社にとって何が必要かを考え、行動できる人になれると思いますし、そういう人を会社は求めていると思います。

映像事業部の求人に応募する

エントリー

制作の「人を知る」

映像事業部の
仕事を知る

詳しく見る
「人を知る」に戻る