MENU
将来的には、お客様とULの双方に利益が生まれる環境を
システム事業部

川田 涼太RYOTA KAWATA

2018年入社

INTERVIEW

全員が受動的ではなく、
能動的に仕事をおこなっている

ULってどんな会社ですか?
それぞれの特性を活かしてくれる会社だと思います。
各部署に必要なスキルや経験を持った人が配置されているので、効率良く仕事が出来ていると感じます。
また全員が受動的ではなく、能動的に仕事をおこなっているので、前向きで雰囲気が明るく感じます。
プライベートでもそれぞれの究極の人生(Ultimate Life)を生きているからこそ、そこで得た知識や経験を仕事に活かすことができ、おもしろみのある企画や商品が生まれるのだと思います。
ULの好きなところは?
自分の意見・提案からルールを決めたり、変更したりできるのでやりがいを感じられます。多種多様な事業をおこなっているので、いろいろな経験ができ、スキルを磨くことができます。そして実績が認められると、昇格・昇給のスピードが早いので次のやる気に繋がります。
またシステム開発者としては珍しい、エンドユーザーの生の声が聞ける環境なので、やる気にも繋がり、ユーザビリティを考慮した設計のスキルも向上します。
個人的には、プロテインやEAAなどのサプリメントを社員割引で購入できることも嬉しいポイントです。
所属部署の特徴を教えてください。
より良いシステムにする為に各自の意見をぶつけ合える環境です。
僕は、茨城支社所属のため大阪本社からは離れていますが、Chatwork・Zoom・電話を用いて打ち合わせをすることで、しっかりと意見交換や確認をし、プロジェクトを進行することができています。
チーム全体が、新しい知識・スキルに対して抵抗が無い方が多いので、「こんな技術にチャレンジしたい」、「こんな技術があるからこのプロジェクトで採用したい」を提案できる雰囲気です。
担当している業務を教えてください。
社内の業務管理システムの開発をしており、プロジェクト内ではPM・PGを担当しています。
物流システムをはじめ、勤怠管理システムやイベント管理システムなどの
多種多様な事業や部門の業務管理システムに携わっています。
開発言語はLaravel(PHP)をメインに採用していますが、プロジェクトによって適切な開発言語を選定します。もちろんプロジェクトにとって、より良い開発手法が、最新の開発言語やアーキテクチャーであればそれを採用します。
まだまだ発展途上の部署ですが、全員がより良いシステムを開発するために、切磋琢磨しながら開発に取り組んでいます。
これから挑戦したいことや夢を教えてください。
現状は社内の業務管理システムの開発がメインの業務となっていますが、将来的には、他社案件の受託開発をおこなうことで、お客様とUltimate Lifeの双方に利益が生まれる環境を作りたいです。
これからは、さらに加速してIT社会化が進むと思うので、開発について学びたいという方に、「僕が今持っている知識を教えられると良いな」とも考えています。
対面での塾やZoomなどを利用したオンライン講座を開講して、情報発信していきたいと思っています。

個性を認めて
もっと伸ばそうとしてくれる

応募を検討されている方にひとこと
僕は、システム開発が趣味でそれを仕事としてやってきたので、それしかできないです。はっきり言うと、他のことの知識は乏しいです(笑)。
でも、そんな個性を認めて、もっと伸ばそうとしてくれるのがUltimate Lifeです。社員一人ひとりの得意なことを見つけ、それを伸ばすために一緒に歩んでくれます。
事業分野も多岐に渡りますが、それぞれの分野でのプロが在籍し、それが組み合わされて強みになっているんだと感じています。
得意なことに思い切り取り組ませてもらえる環境なので、是非、この環境でチャレンジして、自分や会社を成長させましょう!

システム事業部の求人に応募する

エントリー

制作の「人を知る」

システム事業部の
仕事を知る

詳しく見る
「人を知る」に戻る