MENU
専門知識の向上と説得力のあるカラダの維持!
TEAM GEAR

島袋 好一KOICHI SHIMABUKURO

2015年入社

INTERVIEW

ハイテクとローテクの
絶妙なバランス感覚

ULってどんな会社ですか?
情報発信や集客においての「ハイテク感」と、対人サービスでは人情味溢れるコテコテの「ローテク感」という対極を、絶妙なバランス感覚で発揮できる会社です。
私の仕事は、ヒトと会って、ヒトに選ばれて初めて成り立ちます。ゆえに、ヒトが会いに来てくれる仕組みがなければ成り立たない…。最終的にはアナログだけど、プロセスではデジタル力が必須。この2つを自社で完結できる所が凄い!!
ULの好きなところは?
良く遊び、良く働く…。業務だけでなく、社内イベントや部活動などの遊びにも熱く、真剣に取り組んで、夢中になれるところ。
個人的には、昼休みを「食事2割と筋トレ8割」という時間配分で過ごす男性スタッフたちが、特に輝いて見えます。

良い意味での
「偏屈」が集まっている

所属部署の特徴を教えてください。
職人気質の集団。良い意味での「偏屈」が集まっています。
自身の知識や技術に強いこだわりがある。対人サービスにおいて、一見マイナスとなりそうな「偏屈とこだわり」ですが、お客様に提供する知識や技術は、同様のサービスと差別化するための大きな武器だと思っています。
もちろん、ウィークポイントを受け入れ改善するフレキシブルさも、みなさん兼ね備えています。
担当している業務を教えてください。
パーソナルトレーニング指導や動画、コラムにおける健康分野の情報発信を担当しています。
情報過多の現代において、いずれも「知ってそうで、ちゃんと知らないこと」を正しく、分かりやすく、ユーモアを交えてドラマチックに伝えることをモットーとしています。
これから挑戦したいことや夢を教えてください。
還暦でのトリプルハンドレッド(ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの100kg挙上)の達成です。
また、分かりやすい説明に必要な「語彙力」を高めるため、さらなる専門知識の向上を目指しています。説得力のあるカラダを維持するため、トレーニングを継続することも重要です。
応募を検討されている方にひとこと
知識・情報・技術は、日々進化し錯綜します。
ゆえに、それらを手に入れるため、いたちごっことも思える努力を繰り返さなければいけません。
一人では辛く厳しいことも、チームで取り組めば、意外と楽しいものです。
「挑戦者」の多い世界の実現を目指すために一緒にチャレンジしましょう。

TEAM GEARの求人に応募する

エントリー

フィットネス・ヘルスケア事業の「人を知る」

TEAM GEARの
仕事を知る

詳しく見る
「人を知る」に戻る